D・BOXトップ > D・BOXとは

D・BOX工法とは工法とは?

D・BOX工法とは (メトリー技術研究所㈱)が開発した、地盤補強・振動低減・液状化対策が実現可能な商品です。

D・BOX工法の特徴

環境にやさしい

セメント系固化材を使用しないので六価クロムが発生しません。
さらに、高い透水性を保つので土中環境への影響も最小限で自然環境にやさしい商品です。

振動低減

入力された振動エネルギーを摩擦エネルギーに変換することにより振動低減が可能です。

地盤補強

袋の上から転圧することで締固め、袋と袋内部に設けた内部拘束具の張力を利用し、土粒子間に大きな摩擦力を発生させることで、地盤補強効果を得ることができます。

液状化対策

過剰間隙水圧の上昇を抑制・解消することにより液状化被害低減効果を得ることができます。

凍上防止

高い透水性により寒冷地での凍上防止効果が得られます。

D・BOX工法

国土交通省【NETIS】に登録されています。

国土交通省新技術情報提供システム【NETIS】に「振動対策」「路床改良」として登録されています。
公共工事への利用も可能です。( 登録No.KT-100098-VR
・NETIS登録ページ

※NETISとは国土交通省が取り組んでいる「公共工事等における技術活用システム」です。
全国の地方整備局や工事事務所で共有し、優れた技術に関しては、国や地方自治体が行う公共事業全般に積極的に利用されています。

一般財団法人沿岸技術センターの【評価証】を取得しています。

一般財団法人沿岸技術センターより、【振動低減】【環境保持】の評価を得ています。( 登録No.18006
・一般財団法人沿岸技術センター登録ページ

D・BOX評価証

一般財団法人日本建築センターの【建築技術審査証明】を取得
しています。

一般財団法人日本建築センターより【地盤補強】【振動低減】の評価を得ています。( BCJ-審査証明-266
▪一般財団法人日本建築センター 取得技術一覧ページ

※【技術審査証明事業】とは、建設技術審査証明協議会に所属する14の機関が、依頼者の申請に基づきそれぞれが対象とする新技術の技術内容を学識経験者等により審査し、客観的に証明しようとする事業で、民間に於いて自主的に研究・開発された新技術の内、開発者が主体的に汎用性を高めようとするものを対象としています。審査証明の取得により、建築確認申請時に優位に処理され得る利点があります。

建築技術審査証明書
D・BOX工法